駿河台下の歴史

駿河台下に貝塚があった。

駿河台下は本郷台地が南に突き出した舌状の台地のはずれにあり8,000年頃前の海進期には、目の前がすぐ波打ち際でした。(明治大学西側に貝塚がありました。)

太田道潅の頃から小川町という呼び方があったようです。

太田道潅の活躍した西暦1,500年頃、海は日比谷の辺りまでしりぞき、水道橋から大手町にかけては川の流路も定まらない湿地帯でした。
『むさしのの小川の清水絶えずして岸の根芹をあらひこそすれ』は道潅の歌ですが、江戸城の高台から見下ろすとこんな景色に見えるほどの湿地でした。
小石川や平川の流れのほかに、本郷台地の崖水(ハケミズ)もふんだんに湧いて流れ込んでいたのでしょう。
この歌から一帯は小川町低地と呼ばれていたようです。

駿河台への入口「小川口」は駿河台下のこと。小川口は今は富士見坂と呼ばれています。

徳川家康が1590年に関東に移封され江戸に入ってから駿河から連れてきた家臣団を住まわせたのが駿河台のはじまり。
はじめは湯島方面へも陸続きで往き来出来たのですが二代秀忠の頃に神田川の開鑿が始まって、それ以来、明治24年10月にお茶の水橋ができるまで280年もの間、陸の孤島のようなところでした。
江戸城への往来には駿河台下の小川口(富士見坂)を通るのが習慣でした。

松尾芭蕉も富士見坂を通った。

松尾芭蕉が29才の時に、初めて江戸に出て来た時に駿河台にいた縁者を頼って暫らく逗留したという話があります。
中坊河内の守の屋敷内にあった文庫がそれで、芭蕉庫と言い伝えられて来ました。
明暦の振袖大火の5年後のことで回りは全て焼け落ちて庫だけがぽつんと建っていたと言われます。

作家・永井龍男の生誕地。

富士見坂の一本北側を明治大学沿いに走る小径がありますが、このあたりで作家の永井龍男は生れました(1904年)。
『東京の横丁』には明治の後期から大正時代にかけての駿河台下の様子が詳しく描かれています。

 上部へ

Copyright(c) 2015小川町3西町会. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
表示モード切り替え