じゆう帳     投稿 検索

皆様との交流の場で、自由に投稿・閲覧ができます。 楽しかった事、身近な情報等お寄せください。
じゆう帳の使い方
じゆう帳のご利用についてよくある質問
 観梅 0320KT  2022/3/3-14:55
修正
湯島天神に観梅に行きました。八分咲きですが花を愛でる人、梅の香に佇む人、お宮参りの家族それぞれに楽しんでいます。もう一つの楽しみ天庄で天丼を食べて帰りました。

 春の火災予防運動に伴う防火防災診断の実施について 神田消防署 三崎町出張所  2022/2/19-19:29
修正
 日頃より、消防行政に対して、格別なるご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。東京消防庁では令和4年3月1日(火)から7日(月)まで春の火災予防運動を実施いたします。神田消防署におきましても、消防署員が一般のご家庭に訪問し防火診断(資料配布)を実施させていただきます。
 今回は、新型コロナウイルス感染予防のため、対面での配布は行わず、郵便ポストに投函する形式をとらせていただきます。なお、ご自宅でお待ちしていたただく必要はありますん。ご理解とご協力をお願い致します。
  日時:令和4年3月2日(水) 午前10時~午前11時
問合せ先:神田消防署三崎町出張所 03(5226)0119 関根

 リバティタワー外壁改修工事(第Ⅳ期・冬期工事)につきまして 学校法人明治大学  2022/1/12-13:36
修正
平素は当大学のため種々御高配を頂き,厚く御礼申し上げます。
このことについて,下記のとおり,リバティタワーの外壁改修工事を実施いたします。
工事中は騒音,振動,臭気等によりご迷惑をおかけしますが,ご理解ご協力賜りますよう,お願い申し上げます。

 近隣の紅葉 320K78  2021/12/7- 8:05
修正
さいかち坂(水道橋からアテネフランスに向かう坂)、錦華公園の紅葉が綺麗ですよ。

 小川町三丁目10番地の周辺道路の測量調査について 神田小川町三丁目西A地区市街地再開発準備組合  2021/8/18- 8:55
修正
測量調査の実施についてのお知らせ
測量調査の範囲
神田小川町三丁目西A地区市街地再開発準備組合からのお知らせ
日頃は、当再開発へのご理解を賜りまして大変ありがとうございます。
このたび、計画を検討するにあたって、地区外周の道路等について測量調査を実施することになりましたので、その概要をお知らせさせていただきます。
騒音や振動のある調査ではありませんが、通行の妨げとならないよう注意して作業を行いますのでよろしくお願いいたします。

 リバティタワー外壁改修工事(第Ⅳ期夏季工事)について 学校法人明治大学  2021/7/22-16:25
修正
工事ご案内
平素は当大学のため種々御高配を頂き,厚く御礼申し上げます。
このことについて,下記のとおり,リバティタワーの外壁改修工事を実施いたします。
工事中は騒音,振動,臭気等によりご迷惑をおかけしますが,ご理解ご協力賜りますよう,お願い申し上げます。

 キリ番 big bear  2021/3/7- 8:44
修正
70700のキリ番ゲット。このブログにはキリ番はないけれどスッキリ数なので嬉しくて勝手に投稿しました。あしからずおゆるしあれ。
 キリ番 管理人①  2021/3/9-14:43 修正
毎日㏋をご覧いただきありがとうございます。
70700,ラッキーな数字ですね。コロナが落ち着いたらお祝いの会食をしましょう。
 キリ番 コロナ撲滅人  2021/3/11- 9:57 修正
キリ番取得おめでとうございます。気がつきませんでした。次の大きなキリ番は「77777」かな?

 リバティタワー外壁改修工事(第Ⅲ期年度末工事)について 学校法人明治大学  2021/2/12-16:12
修正
平素は当大学のため種々御高配を頂き,厚く御礼申し上げます。
このことについて,下記のとおり,リバティタワーの外壁改修工事を実施いたします。
工事中は騒音,振動,臭気等によりご迷惑をおかけしますが,ご理解ご協力賜りますよう,お願い申し上げます。

 幸徳稲荷神社の由来 管理人①  2021/2/3-11:36
修正
節分祭にあたり幸徳稲荷神社の由来を調べてみました。(小川町北二町会HPより転載いたします。)

当稲荷神社は旧幕時代、山城の国淀の城主(現京都府伏見区淀町・十万二千石)稲葉丹後之守(三代将軍家光の乳人 春日局の後裔)の江戸小川丁中屋敷内に祀られてあったもので、当時は鍛冶屋稲荷と称し、代々五穀豊穣武運長久を祈願された由緒ある神社と伝えられています。明治維新後は、この地に商家町民移り住み、町の名も小川町一番地となったことから、町内の守護神として、伏見稲荷大社より霊を勧進し、近隣氏子有志によって新しくお社を覆う社殿を建立。現存のお社も江戸時代徳川家斉公の時代のものと推測される貴重な建造物です。このお社には、江戸時代から屋根を掛けられ、雨風を防いでいた模様で、大正時代の絵はがきや関東大震災後の写真には、お社を覆う社殿が写っています。大震災の折、倒壊した石の鳥居左柱には文化四年丁卯年二月初午、右柱には慶応三卯年二月再建の文字、またこの混乱の中、行方の判らなくなった水舎の石盥水盤(口手を清める水盤)には元禄十四年奉納と刻まれていたという記録も残っています。
 昭和二十一年、敗戦により大きな町会組織であった小川町北部町会が解散され、現在の四つの町会(小川町北部一丁目町会、北部二丁目町会、北三町会、三丁目西町会)に分割された時、古老総代は神社の廃絶をおしみ、幸徳稲荷神社奉信会を結成、さらに昭和四十三年には「幸徳会館」を建設し、二階に社を移して宗教法人化し、代表役員、責任役員を各町会から選出し、合議により維持管理、町会相互の連絡親睦と一層崇敬を深めつつ、現在に至って居ります。
 毎年二月三日に神田神社より神職を招き、節分祭を挙行。また神田神社の大祭に合わせて、隔年五月に修祓式と神輿の町内巡幸および神田神社への宮入参拝を行い、守護神様への感謝の気持ちを表す大祭を催行しています。

 漢陽楼 No.320  2020/12/25-20:47
修正
NHK人生レシピに町会員の漢陽楼さんが、
若き日周恩来氏が通った店として登場しました。名物シーズートー(獅子頭)は美味しさ間違い無しですね。
1 2 3 4 5 6 7 8 9  過去ログ全 101件 
CGI-design

 上部へ

Copyright(c) 2015小川町3西町会. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
表示モード切り替え